慶尚南道の茶

2023河東世界茶博覧会についてご紹介します。
tea of Gyeongnam

地域別の茶の特性

河東伝統茶の由来

韓国で最も古い歴史書である「三国史記」の記録によると、「新羅興徳王3年(西暦828年)、唐から帰ってきた使臣の大廉公が茶の種子を持ち込み、王が智異山に植えさせた。茶は善徳女王の時から存在したが、この時に至って盛んできた」とも言われる。これから推せば善徳女王の時代から茶文化が広がってきたが、智異山の南部の花開東川に茶を栽培するようになり、眞鑑禪師が広く普及させることにより、河東の伝統茶文化が芽生えることになりました。

河東伝統茶の農業
河東伝統の茶農業は1千200年という悠久の歴史と共に智異山の山楂、茶文化、環境にやさしい農法、秀麗な茶畑の風景、手間替えなどの茶を媒介とした地域住民の共同体文化などが調和されており、 世界農業遺産に登録する ことができました。今後、中長期実行計画で 持続可能で公正な茶農業保全と観光休養団地の造成に世界的な観光地 に成長するものになるでしょう。
河東伝統茶の主な沿革

- 828年 : 大韓民国初の茶栽培組成および高麗皇室の貢納茶として使用

- 1837年 : 大韓民国初の茶書、艸衣意恂「東茶頌」を完成

- 2006年 : 河東野生茶産業の全国1号の特区指定

- 2008年 : 大韓民国の最高茶の木と茶始培地を指定

- 2015年 : 国家の重要農業遺産指定(第6号)

- 2017年 : 世界の重要農業遺産登録(茶分野で大韓民国初、世界4番目)

- 2020年 :茶分野で大韓民国初の政府の承認の公式博覧会

- 2023年 : 河東世界の茶博覧会開催

将軍茶の由来

AD 48年 アヨーディヤー 国の王女,許皇后様が封茶 (ボンチャ)で持ってきて、昔のリズムの文化圏に伝播して、野生から伝えられる韓国初の伝統茶であり、高麗の忠烈王様が金海の金剛曲に生えていた茶の木を指して 「將軍茶」と称することに由来され、[將軍茶]と呼んでいます。中国北方および日本系統の中葉類の緑茶とは異なる南方系の大葉類に属します。

将軍茶の特徴
将軍車は茶葉が大葉類として、他の茶と比較して、葉が大きく厚くて、茶の主要成分である カテキンをはじめ、アミノ酸、ビタミン類、ミネラルなど無機成分の含有量が高い方で ノイバラの香りのようなさわやかな茶の香りと、飲むと 口の中に広がる甘いコク など、その特有の茶の味は、消費者にとっても非常に良い評価をいただいています。
将軍茶の主な沿革

- AD 48年 : 大韓民国初の茶の始培地

- 2007.05.16 : 大韓民国の第1号の茶人「ホ・ファンオク」宣布式

- 2008.05.05 : 宝城の茶香祭の特別賞(品質評価1位)を受賞

- 2008.06.17 : 茶の世界畫展(金賞ほか3種)を受賞

- 2008.09.28 : 第7回、国際銘茶品評大会の最高賞

- 2010.04.28 : 大韓民国第1号、茶人 「ホ・ファンオク」銅像の除幕式

- 2010.10.17 : 第8回、国際銘茶品評大会、金賞と銀賞受賞

- 2012.11.15 : 第9回、国際銘茶品評大会、金賞受賞

- 2014.09.18 : 第10回、国際銘茶品評大会、銀賞受賞

- 2016.04.30 : 第11回、国際銘茶品評大会、金賞受賞

- 2018.08.28 : 第12回、国際銘茶品評大会、金賞受賞

- 2008~2019 : 11年連続、大韓民国で今年の銘茶品評大会「今年の銘茶」選定

- 2021.03.05 : スローシティ地域特産品の商標使用を承認

About Images
博覧会に関するお問い合わせ

お問い合わせを残していただければ、
迅速に回答いたします。

エラーが発生しました。 もう一度ご確認ください。
ありがとうございます! メールが正常に送信されました。