連携観光

2023河東世界茶博覧会についてご紹介します。
linked tour

近隣観光

1. 雙磎寺(サンゲサ)テンプルステイ

水流花開:水の流れの花咲く

禪, 敎, 律と茶(茶)と梵唄の根本の道場。興徳王3年(828年)大廉公唐から茶の種を持ってきて王命で智異山に初めて植えてから眞鑑禪師が雙磎寺と花開付近に茶畑を造成して雙磎寺はライン禪、茶、音の聖地と言われている。

2. スターウェイ河東

川と空の間を歩くことができる場所

蟾津江の水面から150mの上空に20mの高さの星形のモチーフを建てたスターウェイ河東のスカイウォークは平沙里の野原の美しい景色と、足元から悠々と流れる蟾津江を見下ろす素晴らしい感動をもたらします。

3. チョングムチャバッ

花開川と緑茶畑が交わる自然の真ん中

風景が美しい韓国最古の茶の木が栽培されている緑茶畑です。



4. オ-ルモストホームステイ河東

自然とゆとりの中で 癒される場所

我が家のような快適さを追求、単純なモムルムに止まらず、地域の味と文化、楽しみを地域の住民たちと分かち合える場所です。



5. 河東野生茶博物館

茶の歴史を学び、体験しよう

河東郡は昔から遅の美学と伝統を重視する地域性が、長い期間、茶の文化に花開いてきました。そこで、河東野生茶博物館は、単純な情報伝達から抜け出し、参加型体験展示と茶を通いて介して心を交わす茶情之交の教育で自然と融合できる文化空間を作ります。

6. 花開市場

慶尚道と全羅道を横切る場所

19番国道に乗って慶尚道と全羅道を横切る蟾津江沿に位置します。歌の歌詞で有名な河東の伝統的な市場。金東里の短編小説の驛馬の舞台でもあります。


7. 茶の木茶始培地

1200年、茶の歴史が始まった場所

茶の始培地は新羅の興徳王(828年)に使臣として唐に行った大廉公が茶の種を持ち込んで植えた場所です。これを記念するために、始培地には大廉公、眞鑑國師、草衣禪師は茶の始培地として記念碑4つが建てられています。


8. 崔参判宅(チェチャムパンテク)

近代史を貫通する大河小説の背景地

東学革命から近代史まで、韓民族の敍事詩の朴景利の大河小説「土地」の背景である平沙里に小説の崔参判宅が韓屋14棟で構成されました。毎年の秋には、全国の文人たちの文学祭である土地の文学祭がここで開催され、文学村として位置づけられる見込みであり、各種ドラマのロケ地として脚光を浴びています。

9. 七佛寺(チルブルサ)

七名の仏様

伽倻の始祖である 金首露王の七人の王子がここを首都に決めた後、すべての成仏したとして名付けられたお寺です。




博覧会に関するお問い合わせ

お問い合わせを残していただければ、
迅速に回答いたします。

エラーが発生しました。 もう一度ご確認ください。
ありがとうございます! メールが正常に送信されました。